一瞬で桜の季節も終わり、今年の夏もやっぱり暑さが増すようです。

2021年の夏(7月〜9月)の気温は、広範囲で平年並か平年よりやや高く、全国的に暑い夏になりそうです。特に関東など東日本と近畿は平年よりやや高くなる傾向です。

今年は早めに梅雨が明ける地域が多く、昨年や平年よりも暑い期間が長くなる予想です。暑さのピークは7月下旬と8月下旬の2回あり、猛暑日が続くおそれがあります。

ウェザーニュースhttps://weathernews.jp/s/topics/202106/010135/

2021/06/01 12:56公開の「猛暑見解」。画像引用:ウェザーニュース

夏場にプレーするゴルファー達の関心事は、強い太陽の下での暑さや紫外線対策じゃないでしょうか。
根本的に日差しを避けるため、プレースタイルを変更する方も増えているそうです。
日中の暑さを避けるため、スタート時間の早い「アーリーバード」を選んだり、プレー時間を短く設定する「ハーフプレー」、暑さや日焼けを避けるための「ナイターゴルフ」等など。
自然環境が変わってきている昨今、自然の中でプレーするゴルフスタイルを変化させる流れは必然と言えます。

プレー時間を気にせず、夏ゴルフを満喫できる機能性ウェア。

ゴルフのプレー時間が変化しても、夏場の暑さと紫外線には注意が必要です。
日が沈んだとしても、さほど暑さが変わらなかったり、日中に降り注いだ紫外線が地上に残っている事もあります。
時間帯を気にする事なく、常用できるゴルフウェアがあればそんな問題を解決してくれます。
夏場に昼夜問わずシームレスに着用できる、暑さ・紫外線対策を施したゴルフウェアを制作しました。

FS-UM018
Mock Neck Shirts / 7,700yen

Product info

近年『ゴルフウエア=襟付き』という概念を打ち破る「モックネックシャツ」が台頭してきています。
今回はこのモックネックシャツの首元と左サイドにファスナーを配置。ファスナーを開閉する事で容易に着脱できる他、ウェア内に籠もった熱を放出してくれるベンチレーションとしても機能します。ファスナーは各カラー毎に配色されているので、チラッと覗くファスナーの配色がおしゃれ感をアップしてくれます。

前面は接触冷感素材、背面は伸縮性のあるメッシュ仕様なので、夏場のゴルフに最適。
脇下まで背面のメッシュ素材を伸ばし、脇下の蒸れ軽減や肩周りの可動域が向上しています。

また、速乾性が高いので洗濯後も陰干しで3時間程あれば乾き、ジメジメした日が続く夏場でも常に清潔に保つことができます。

襟付きのウエアを着用しなければならない、という決まりは時代と共に徐々に取り払われてきています。
この夏、モックネックシャツデビューしたいゴルファーの皆様に是非オススメします。

FS-UM016
Cool Feeling Long Pants / 8,800yen

Product info

こちらのパンツもモックネックシャツと同じく、前面には接触冷感素材を使用し、伸縮性が必要な背面には部分的に通気性の良いメッシュ素材を配置したゴルフパンツです。
膝両サイドにはファスナー仕様のメッシュベンチレーションを配置し、パンツ内の籠もった熱を放出してくれます。
右バックポケットには収納式のグローブホールド用のマジックテープを配置し、パッティング時などに簡単にグローブの取り付けが可能。
しっかりとした機能性をもたせた、夏場に必須なゴルフパンツ仕様になってます。

ますます暑さを増す夏に向けて、涼し気にそしておしゃれにプレーしたいゴルファーにオススメなこれらの製品。
今年の夏もユナイトメント製品をゴルフスタイルに盛り込み、安全にゴルフを楽しんでみてください。

FS-UM018
Mock Neck Shirts

Color:Black, Navy, White
Price:¥7,700

Online Store

FS-UM016
Cool Feeling Long Pants

Color:Black, Navy, White
Price:¥8,800

Online Store

Four Seasons co.,ltd.

T: 011 212 1724
E: info@4ss.jp